スキップしてメイン コンテンツに移動

Xperia Z Ultraを使い始めました

Xperia Z Ultraが軽くて持ち歩きタブレットとしては使いやすそうなので
初めて香港から購入してみました。(※いつもはUKより仕入れてます)


212gという軽さがiPad miniにはない良さです。
動作はSnapdragon800のおかげでサクサク、バッテリーの持ちは他のXperia並です。
たまには国内販売されていない端末もいいかな…くらいのノリでしたが
iPhoneとXperia Z Ultraがあればいつでもどこでも作業できるくらい便利です。

「Xperia Z Ultra」のグローバル向けLTEモデル「C6833」を購入しました。
OS:Android 4.2(Jelly Bean)
サイズ:179.4mm×92.2mm×6.5 mm
質量:212g
ディスプレイ:6.44インチ、解像度1,920×1,080ピクセル(Full HD)、TFT液晶、TRILUMINOSディスプレイ、X-Realityエンジン、1,677万色、マルチっタッチ(最大10点)、ペン入力対応
SoC(C6803/C6833):Qualcomm Snapdragon 800 MSM8974 2.2GHzクアッドコア
GPU:Adreno 330
メモリ:RAM 2GB、内蔵ストレージ16GB
外部ストレージ:microSD/microSDHC/microSDXC(最大64GB)
リアカメラ:800万画素「Exmor RS for Moible」、AF、LEDフラッシュ、1080p動画撮影、2D/3Dスイングパノラマ、16倍デジタルズーム、おまかせプレミアムオート、HDRムービー撮影、無限連写
フロントカメラ:200万画素CMOS、1,080p動画撮影対応
対応周波数(C6833):GSM(850/900/1800/1900MHz)、WCDMA(850/900/1900/1700(AWS)/2100MHz)、LTE (Band I、II、III、IV、V、VII、VIII、XX)
パケット通信:2G GPRS/EDGE、3G DC-HSDPA(下り最大42Mbps/上り最大5.76Mbps)、LTE cat4(下り最大150Mbps/上り最大50Mbps)
通信機能:Wi-Fi a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz帯、スループットは最大325Mbps)、Bluetooth v4.0(apt-Xコーデック対応)、ワイヤレスディスプレイ(Miracast)、DLNA、NFC(Type-A/B)
外部端子類:micro-USB(MHL対応)、3.5mmオーディオジャック
センサー:加速度、ライト、近接、デジタルコンパス、ジャイロ、GPS/GLONASS
バッテリー:3,050mAh
カラー:ブラック、ホワイト、パープル
SIM:Micro SIM
その他:バッテリーSTAMINAモード、Clear Audio+、Clear Phase、Clear Stereo、xLOUD、Sony Network Entertainment、PlayStation Mobile

本当はSony Mobileさんのブロガーミーティングに行く予定でしたが
当日業務が終わらず向かえませんでしたので、手元のデバイスのレビューです。
コメントを投稿

このブログの人気の投稿

ドコモ、コンベ端末上位機種を廃止へ

コンベ端末の上位機種が高すぎて、なんだこれ?と思っていたら
廃止が宣言されたようです。当然ですが、もっと安価な端末も出すべきかと。

ドコモ、従来型携帯の上位機種を廃止へ—スマホに切り替え via kwout
Androidもそうですが、何でもかんでも高機能多機能主義な日本メーカーは
無駄な機能盛り込むことだけに長けてしまったのはキャリアのためだろうが
必要な機能を必要に応じて搭載してニーズに応じた単価で提供する方が大切です。

個人的には通話とメールだけできるAndroid端末が欲しくて
IDEOSなども考えたのですがドコモ純正がいいと思ってXperiaRayに興味津々。

あのコンパクトさならポケットでもバッグでも邪魔にならないサイズで
バッテリーさえ持てば十分使用できると感じます。

ガラケー風のAndroidも普及すれば移行もしやすくて
ユーザー視点では一番いいように感じております。

夜は通信不能な007Zをつなげる

SBの契約でEmobileを使ってるユーザは深夜時間帯に締め出されるようで
頼りのSUB回線が0-4時くらいまで完全に通信不能になります。

※実際の深夜時間帯のSpeedTest

これのどこがULTRASPEEDやねん!と思いながら
もちろんMAIN回線はいつものごとくつながりません。

24時間365日使えるはずで契約しているものの
EmobileやSBは繋がらないのもよくあることです…w

でも回線落ちてるとか繋がらないとかそういう障害報告も無い。

ソフトバンクショップ行ってごねれば解約金なしで解約できるそうですが
代理店によってはかたくなに解約を断るショップもあるようです。

そこで、つながらない回線をつなげるには問題となっている
DNSをGoogleに切り替えて強制的につなげるしかありません。

Google Public DNSを007Z本体に設定する場合。
■Step1:設定
1.設定→3G設定→「APN設定」タブ
2.対象:右側「データし放題対応サブエリア APN設定」
3.「追加」ボタンを押下
4.下記を入力
・プロファイル名:(任意) ※説明便宜上"DATA SUB2"とする
・APN:emb.ne.jp
・DNS:「DNS手動設定」を選択
・プライマリDNS:8.8.8.8
・セカンダリDNS:8.8.4.4
・認証:「PAP」を選択
・ユーザー名:em
・パスワード:em
5.「保存」を押下

■Step2:設定内容を本体に反映させる
0.前準備:接続を切っておく
 設定→接続 の画面にて「手動接続」が切断と表示されているのを
 確認し、「適用」ボタンを押下。
 画面右上あたりに「未接続」と表示され、緑→赤となっているのを確認。
1.設定→3G設定→「APN設定」タブ
2.対象:右側「データし放題対応サブエリア APN設定」
3.プロファイル選択:"DATA SUB2"(任意)を選択
4.「この値を使用」ボタンを押下
 ※インターネット接続状態だと下記メッセージが表示される
 「PPPが接続されている場合、現在のAPN設定を変更できません」
 → 0.前準備を先に済ませておくこと
5.確認:再接続してみる
 設定→接続 の画面にて「手動接続」が接続と表示されて…

隅田川ランニングしようかな

引っ越してきてからは妻と一緒に近所を走るようになりました。
月島→勝どき→晴海→豊洲→清澄白河→門前仲町→月島というルートです。
清澄白河でブルーボトルコーヒーによって休憩するのが週末の日課です。




参考にしているコースも載せておきます。
月島ショートバージョン

両国ロングバージョン

レインボーブリッジロングバージョン

LatlongLab

最近は仕事も落ち着いてきて、新しいビジネスを創出することが増えてきたので、ランニング系のサービスも作ってみようかな…と画策中です。
余談ではありますがブログのデザインを変えて見やすくしつつ、ちょっと本格的に更新しようかと思います。